博物館友の会
                             

精霊舟つくり

博物館友の会では今年も大型の精霊舟つくり体験を実施しました。
5月末に麦わらを確保し、7月初旬から製作に取り掛かりました。
まず、麦わらの葉っぱの部分を取り除き芯だけにし、コモ編みの道具と麻ひもを使ってムシロ状に編み上げます。
精霊舟の骨組みは木材を使って作り、周囲を麦わらのムシロで覆います。
最後に紙花と提灯を飾って出来上がり、現在博物館玄関に飾ってあります。
この精霊舟は8月15日の午後7時頃、高瀬大橋上流駐車場付近の菊池川河原でお焚きあげされます。

 
   

  麦わらを使っての
    ムシロ編み体験
  船体が出来上がり
     飾り付けの開始
  紙花で全体を飾り付け
    

前のページへ戻る
たまな市民活動支援サイト たまりん