小岱山薬草の会
                               

中学校で薬草苗の植え付け

平成30年6月21日(木)玉名市立岱明中学校で、1年生全員(約90名)が参加してオオバコとタンポポの薬草苗植え付けの作業体験学習がありました。
この学習は、地元を勉強する「玉名学」のひとつとして「薬草の町玉名」を知り体験するもので、今回はオオバコとタンポポの苗(約100株)を植え付けました。
順調に生育したら、秋以降に葉を収穫しそれを使って薬草料理を作る体験学習も計画されています。

 
   

  薬草の活動を紹介する
    宮永マス子会長
  植え付けするオオバコと
    タンポポを説明
  植え付け指導する
   小岱山薬草の会会員
  昨年植え付けした
    オオバコの花壇
  薬草の植え付けをする
    生徒さん達

前のページへ戻る
たまな市民活動支援サイト たまりん