玉名観光ガイドの会
                             

菊池川河畔を歩こう

4月22日(土)玉名市歴史博物館こころピア主催行事「菊池川河畔を歩こう」に、玉名観光ガイドの会のガイド3名が協力し、参加者の案内と史跡の解説の一部を担当しました。
当日は約30名の参加者があり、観光ガイドから高瀬裏川にかかる桁橋や目鏡橋の解説を受けながら散策し、高瀬船着場跡(俵ころがし)では、博物館学芸員から石畳に残る痕跡の解説などを興味深げに聴き入っていました。

 
   

 観光ガイドから
  桁橋の解説を聞く参加者
 古地図を見ながら
   菊池川河畔を巡りました
 俵ころがしの石畳に残る
   痕跡を想像すると、、

前のページへ戻る
たまな市民活動支援サイト たまりん