小岱山薬草の会
                               

薬草先進地研修

薬草活用の拡大を図ることを目的に、平成28年12月2日(金)〜3日(土)岡山県真庭市勝山地域に研修に出かけました。
ここは岡山県の中部に位置し林業と木材関連産業が盛んで、特に木材ペレットを利用したバイオマス産業は日本最大規模を誇る地域です。
この地域では林業に従事する婦人会を中心に薬草活用事業を立ち上げ、薬草料理や薬草茶づくりで新たな産業を模索しながら商品化しています。
研修では、お互いの取組を紹介しながら討議をおこない、薬草商品の販売を検討中の玉名での取り組みに大変参考になりました。

 
   

  真庭市と玉名市の
    薬草活用事例を紹介
 真庭市では平成29年秋に
  全国薬草シンポジウムが
    開催されます
 勝山木材ふれあい会館で
   バイオマスボイラーと
      木工品展示を見学

前のページへ戻る
たまな市民活動支援サイト たまりん