博物館友の会
                             

西南の役戦跡めぐり

2月21日(土)毎年恒例の博物館主催「西南の役戦跡めぐり」が、高瀬周辺でおこなわれました。
雨模様の曇り空でしたが、約20名の参加者は博物館が準備した資料を片手に、戦跡地点では学芸員の説明を聴きながら2時間かけて高瀬を歩きました。
途中、高瀬官軍墓地では、当時官軍兵士が高瀬に駐留した際伝授した官軍洋式太鼓を、地元消防団メンバーにより演奏していただきました。

 
   

  官軍の兵糧となった米蔵を
    解説する博物館学芸員
  高瀬官軍墓地では
    官軍洋式太鼓の演奏
  西郷小兵衛戦士の地 石碑
  戦火で焼失した
      高瀬御蔵 跡地
  戦火で焼失した
      高瀬小学校 跡地
  野戦病院となった延久寺

前のページへ戻る
たまな市民活動支援サイト たまりん