博物館友の会
                             

秋の薬草観察講演会

玉名市歴史博物館恒例の秋の薬草観察講演会が10月13日(土)玉名市天水・草枕山荘で開催され約40名が参加しました。
当日は秋晴れのもと、崇城大学薬学部教授の村上光太郎先生と一緒に草枕山荘周辺を歩きながら、道端の薬草や薬木を観察しその効能や利用方法の説明を受けました。
観察会が終了したらバーベキューセンターで村上先生の楽しい薬草知識の講演を聞き、小岱山薬草の会が準備した薬草餃子と、上古閑宝探し委員会が準備した薬草茶がふるまわれました。

 
   

  熱心にメモを取る参加者
薬草の効能を説明する村上先生
  道端の薬草を手に取って
  観察後は薬草講演会
  薬草料理のふるまい

前のページへ戻る
たまな市民活動支援サイト たまりん