博物館友の会
                             

防災の日講演会

9月1日(土)は防災の日でした。
玉名市立歴史博物館では、「関東大震災と身近な自然災害」のテーマで講演会が開催されました。
熊本では、寛政4年(約220年前)に発生した雲仙岳火山性地震で、玉名沿海部にも大津波が押し寄せ大きな被害が発生しました。
講演会では残る記録をもとに当時の状況を振り返りながら、あらためて不時の災害への備えを確かめあいました。

 
   

  博物館館長の挨拶
  熱心に聞き入る聴講者
  講師の前川清一先生

前のページへ戻る
たまな市民活動支援サイト たまりん