高瀬裏川筋を愛する会
高瀬裏川筋を愛する会
高瀬に残る、歴史・文化と史跡を大切に保存し、裏川水際緑地公園の景観整備を行うことにより、市民のいこいの場所づくりと共に、高瀬の町を活性化することを目的として設立した。

「高瀬裏川花しょうぶまつり」の開催。
毎年6月の第一土曜日をメインのまつりの日と定め、前後20日間、矢旗を120本掲揚。夜間のライトアップも午後10時まで点灯。九州各地よりの観光客を呼び込んでいる。